お知らせ一覧

第10回 INERF-ASEAN 頭蓋底ハンズオン解剖ワークショップ

第10回 INERF-ASEAN 頭蓋底ハンズオン解剖ワークショップにて講演と手術を行いました

2022年12月27日~29日、チュラロンコン大学 医療センター/マイクロ手術学習センター(タイ・バンコク)で開催された第10回 INERF-ASEAN 頭蓋底ハンズオン解剖ワークショップにて福島孝徳が講演と手術を行いました。日本やバンコクなど、東南アジアの脳神経外科医約50名が参加し、大変充実した …

やってみよう、が未来をつくる 自分探求「Yes, And!」プロジェクト にて、高校生からインタビューを受けました

やってみよう、が未来をつくる 自分探求「Yes, And!」プロジェクト*1 にて、高校生からインタビューを受けました。 ※お名前は削除しております。 *1 やってみよう、が未来をつくる 自分探求「Yes, And!」プロジェク特定非営利活動法人 じぶん未来クラブが 主催・企画・運営、一般財団法人 …

ご挨拶

ひとりでも多くの患者様を救うために
365日1日も休まずに夜を日に継いで全力を尽くしております。
今でも年間で約600例のメジャー手術を行っています。

私、福島孝徳は、患者様の負担を軽減する「鍵穴手術(Keyhole Surgery)」の考案者です。この手術法は脳外科手術で必要な開頭の範囲を最小限にとどめ、患者様の身体的な負担とリスクをおさえる術式です。

私がこれまで行った生涯手術総数は30,000例以上に達し、そのうち脳腫瘍が20,000例以上(頭蓋底脳腫瘍手術12,000例以上、脳動脈瘤2,400例以上)となります。

患者様をたった1回の手術で救う「手術一発全治」をモットーとし、ひとりでも多くの患者様を治療するために、日々世界で全力を尽くしています。

米国デューク大学 脳神経外科 教授
総合東京病院 福島孝徳脳神経センター 最高顧問

福島孝徳