お知らせ一覧

脳神経外科医 福島孝徳先生の訃報

福島先生の遺志を継承し、当Webサイトは引き続き運営されます。 診療に関するご相談やお問い合わせについては、今後、福島先生が生前に指導し信頼していた弟子である医師が対応させていただきます。 現在、すでにいただいているご相談やお問い合わせに関しても、同様に丁寧に対応させていただきます。

第1回 脳神経外科最新治療ワークショップ

第1回 脳神経外科最新治療ワークショップが 開催されました

2023年10月7日(土)、第1回 脳神経外科最新治療ワークショップが総合東京病院B棟3階STRホールで開催されました。このワークショップは、日本鍵穴手術頭蓋底治療研究会と総合東京病院の共催で、脳神経外科医や医学生など約50名が参加しました。 プログラムでは、下垂体腺腫や腺腫以外の下垂体腫瘍、頭蓋咽 …

EANS CONGRESS 2023

EANS CONGRESS 2023に参加しました。

福島孝徳は、2023年9月24日から28日までスペインのバルセロナで開催されたEANS CONGRESS 2023(ヨーロッパ脳神経外科学会連合会総会2023)に、招待を受けて参加しました。この会議は「人類に奉仕する神経外科と技術」というテーマのもと、神経外科の最先端の知識や技術を習得する機会を提供 …

ご挨拶

ひとりでも多くの患者様を救うために
365日1日も休まずに夜を日に継いで全力を尽くしております。
今でも年間で約600例のメジャー手術を行っています。

私、福島孝徳は、患者様の負担を軽減する「鍵穴手術(Keyhole Surgery)」の考案者です。この手術法は脳外科手術で必要な開頭の範囲を最小限にとどめ、患者様の身体的な負担とリスクをおさえる術式です。

私がこれまで行った生涯手術総数は30,000例以上に達し、そのうち脳腫瘍が20,000例以上(頭蓋底脳腫瘍手術12,000例以上、脳動脈瘤2,400例以上)となります。

患者様をたった1回の手術で救う「手術一発全治」をモットーとし、ひとりでも多くの患者様を治療するために、日々世界で全力を尽くしています。

米国デューク大学 脳神経外科 教授
総合東京病院 福島孝徳脳神経センター 最高顧問

福島孝徳