【メディア】福島孝徳が父について語っている記事が産経新聞に掲載されました

2020年7月31日(金)産経新聞 「100年の森 -明治神宮物語 復興 5 」にて、福島孝徳が父との思い出を語っているコメントが掲載されました。

100年の森 明治神宮物語 復興5PDF:100年の森 明治神宮物語 復興5

 

社殿が再建された明治神宮で、昭和33年10月31日に執り行われた本殿遷座祭遷御(せんざさいせんぎょ)の儀には、全国から6千人余りが参列した。明治神宮復興奉賛会の会員や大口の寄付者、経済団体幹部ら復興を支えた人々が見守る中、午後8時から儀式は厳かに始まった。空襲によって主要社殿が焼失した夜から、13年半が過ぎていた。

参列者の中に、儀式の様子に目を見張る16歳の少年がいた。

「ちょうどいい星空でした。赤い装束の皆さん(神職)が、暗闇の中で、仮殿から本殿へ御霊代(みたましろ)を遷(うつ)すのが見えるんです。父がどこにいるかは、すぐに分かりましたよ。背が高かったので」

少年は、脳神経外科医として国内外で活躍する福島孝徳さん(77)。父親は、当時47歳で後に明治神宮宮司となる福島信義禰宜(ねぎ)だ。空襲の夜、消火に奔走し、御霊代がある御宝庫に火が迫るのを見て、緊急の遷御を進言した人物でもある。

続きはこちら(産経新聞サイト)

 

関連記事:十二徳の実践者「博愛」福島孝徳