【随筆】母が教えてくれた折り紙

私の子供の頃は、戦後間もない、日本がとても貧しい時代でした。食べる物は、麦ごはんやすいとん、庭で育てた茄子、トマトなどしかなく、小学校での遊びといえば、メンコ、ベーゴマ、タコアゲ、カンケリなどでした。スポーツをする道具もなかったですし、書道を勉強するにも墨も筆もありませんでした。

そんな貧しい中、母は私に日本の伝統文化でもある“折り紙”を教えてくれました。一枚の紙さえあれば遊べる“折り紙”は、何もなかったその時代に、子供の私を楽しませようとした母の愛情だったのでしょう。一枚の紙から次々に生み出される様子はとても不思議で、すぐに折り紙に夢中になりました。基本的な形はもちろん、むずかしい折り紙にも挑戦し、オリジナルの折り紙までも創りだしました。

その後、大人になっても折り紙は続け、医師になってからは機会があるごとに折り紙を作り、患者さんにプレゼントしていました。そのおかげが、若い頃は「折り紙王子」、今では「折り紙大王」などと呼ばれています(笑)。

私の脳外科医としての必要な細やかな手先の技術は、あのとき母が教えてくれた折り紙が基礎になっているのだと、ありがたく思います。

●作品紹介 ※6月27日新作追加

折り紙 サンタクロース
折り紙 サンタクロース


折り紙 恐竜ダイノサウルス
折り紙 恐竜ダイノサウルス


折り紙 身に亀さんたち
折り紙 ミニ亀さんたち


折り紙 カニ
折り紙 かに


折り紙 いちご
折り紙 いちご


折り紙 バラの花
折り紙 バラの花



折り紙 うさぎ
折り紙 うさぎ


折り紙 ねずみ
折り紙 ねずみ