【情報】福島式鍵穴手術の特徴

1978年~1980年にかけ、脳下垂体の経鼻手術、顔面けいれん、三叉神経痛の1円玉手術から、開発・完成された鍵穴手術は、脳と神経に影響のない、世界で最も低侵襲の脳外科手術法です。顕微鏡下5㎜のスペースで超微細な手術を行うため、専用の器具(400本以上)の開発も行われました。大きな頭蓋底手術の場合でも、実際に手術剥離するスペースは5~10mmの範囲です。

私は、1980年の三井記念病院脳神経外科部長に就任以来、2万人以上の患者さんに対して鍵穴手術を行い、優れた手術成績を上げています。

  • 脳下垂体経鼻手術 2,700人
  • 脳動脈瘤 2400人
  • 顔面けいれん・三叉神経痛 6,180人
  • 髄膜腫・聴神経腫瘍など頭蓋底手術 11,000人
関連リンク:福島式手術のすべて