【提言】たばこは100害あって一利なし。がん、脳卒中、心臓病予防のために、たばこを止めよう!

過去50年間にわたる米国、NIH(アメリカ国立衛生研究所)とAMA(アメリカメディカルアソシエーション)の膨大な研究により、たばこが100%有害であることは証明されています。たばこの喫煙は、がん発生率増加のみならず、すべての脳血管疾患(脳卒中)、心臓血管病にも悪影響を及ぼします。

医療におけるたばこの害は、たばこを吸わない人に比べて約30倍のリスクといわれています。さらに、煙と灰が散って公害のもとにもなり、子供、婦人を含めた周囲に、2次的受動喫煙も起こします。

政府は、今すぐに国を挙げて日本全国禁煙運動を展開せねばなりません。日本のたばこ会社は有害物質を販売するのを直ちに中止し、健康産業に転換せねばなりません。全国民、全読者の良識ある行動を願っています。