「医療魂」掲載インタビュー「Covid-19 私はこう考える」 ※一部転載

「医療魂」に掲載された、福島孝徳のインタビュー記事「Covid-19 私はこう考える」の一部を転載します。
「医療魂」掲載インタビュー




 新型コロナに限らず、感染症対策の基本は徹底した隔離を行うこと。今回はそんな当たり前の対応が、上手くできなかった。

【問】福島先生は、手術や講演で、休むことなく世界各国を駆け巡っていらっしゃいますが、
今回のコロナ渦においては、どのような状況だったのでしょうか?

いつもなら1年365日、1週間に8日働く勢いで世界を飛び回っていますけど、コロナ渦になってからは、もっぱら米国と日本を行き来する毎日でした。

普段の年末年始であれば、暮れにASEAN諸国に出向いて教育コースをみっちりやって、元旦に帰国して、浅草寺と靖国神社に参拝して「今年も福島をよろしく、合併症ゼロでいきますから」とお祈りするのですけどね。

都内の様子ご存知の通り、米国は世界最大の感染国ですから、深刻さは日本の比じゃない。昨年の3月にはロックダウン(都市封鎖)もあったし、とうとう米国全体のコロナの死亡者は、100年前に大流行したあのスペイン風邪の死亡者数を超えてしまいました。

米国では、ワクチン接種は義務化されていて、国民全員がワクチン接種は当たり前。バイデン政権は、発足してから2ヶ月で1億回の接種を突破して、就任3ヶ月で2 億回を超える猛スピードで対策を行いました。

でも、その後はデルタ株が蔓延して、新たな「パンデミック期」に突入してしまった。デルタ株は感染力が強いから、新規感染者が1日に15 万人ぐらいになったり、ピーク時には入院患者数が10万人を突破したり、1日の死亡者が2,000人を上回るほどに悪化した。

それぐらい、新型コロナは恐ろしい病気です。

だから、新型コロナにかかっても、軽症までに止めておかないと、本当に怖いですよ。重症化したら、治っても匂いがわからない、味覚が回復しない。息苦しかったり、「体がだるい」「何もする気が起きない」といった倦怠感がひどくなる。記憶障害や認知症のようになる場合もあるし、困るのは血管系ですね。新型コロナに感染すると、過剰な炎症反応によって血管内で凝固異常が生じて、心筋梗塞や脳梗塞などを発症しやすくなるのです。メンタルの面でもかなり辛くなるし、まともに仕事ができなくなってしまう人も大勢います。

私も「コロナにかかってはダメですよ」と事あることに訴えるのですが、若い世代の中には「僕ら若いし、かかっても別にいいかな」なんて言う人がいる。

いやいや、とんでもない話。あなた自身は罹患してもいいかもしれないけれど、感染症は他の人にうつす病気。

だからこそ、新型コロナは恐ろしいのです。

 

【問】米国とは違い、日本のワクチン接種はいわゆる「努力義務」と呼ばれるものです。
この辺のことも含めて、政府のコロナ対策をどのように思われましたか?

いわゆる「努力義務」は、義務とは違います。接種は強制ではなくて、最終的にはあくまでも本人が納得した上で接種を判断するということですから。「医療魂」掲載インタビュー
ということは、本人が納得しなければワクチンを打たなくても良いということになる。これでは感染症の蔓延など、防ぎきれませんよ。どう考えても、ワクチンを打たないのは間違いだと私は思います。

日本政府のコロナ対策で私が強く感じたのは、水際対策の失敗です。このような歴史始まって以来の感染症を抑えるためには、何を置いても隔離の徹底が基本です。PCR検査をして陽性になったらまずは隔離。東京であれば、国立競技場でも野球場でも、築地市場跡でもいい。テントを張って、軽症者はベージュ、中等症であればオレンジ、重症者は赤という具合に色分けして、徹底的に隔離する。軽症者と中等症者の患者を自宅に待機させておいたら、米国だったらいざ知らず、狭い家が多い日本では家庭内感染が起こるのは当然ですよ。

やっぱり、最初の隔離が悪かった。ニューヨークでは退役した軍艦にコロナ患者を隔離したという話もあるし、テントを張って何千というベッドを確保した。 今回のような国を揺るがす感染症の場合は、国の強制力がないと無理。そういう法律を、厚生労働大臣の権限で早急に作るなどの思い切った政策が必要だと思う。

空港の検疫だって、同じですよ。

特に今年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されたわけですけど、選手や大会関係者が連日入国している成田空港は、水際対策がとても緩かった。ロープで動線を変更したり、専用トイレを設けたりして、一般のお客さんと大会関係者を分離したにもかかわらず、責任の所在が明確でないため、徹底されなかったのです。だから、大会期間中に感染者が大幅に増えたのは、全然不思議じゃありません。

ただし、私は東京オリンピック・パラリンピックを開催できたこと自体はよかったと思っています。

残念ながら今の日本は、外交力で他の国々に負けています。国民の立場から言えば、オリンピックもパラリンピックもやめた方が良かったかもしれない。でも、中止となれば、必ず世界中から総スカンを食らうことになります。日本がオリンピック・パラリンピックをやらない場合は、誰も国として認めないという報道さえあった。

だから、開催せざるをえなかったのです。

それと、とにかく経済を回さないといけない。この間、ある団体の方とお話をした時にも、その話が出ました。日米を往復しているビジネスマンで、ワクチンを2 回接種済みであれば、2週間の待機を外して欲しいというお願いを政府にしているとのことでした。

実は、日本に戻ってきた時、かなり抗議をしました。私は米国でPCR検査を受けた時に陰性で、出国する48時間前にも再び検査して陰性反応、しかもワクチンをすでに3回接種済みです。なので、日本に着いてPCR 検査が陰性であれば、翌日から働くことはできないかと問い合わせをしたのです。

※続きは、「医療魂」創刊号にてご覧ください