【情報】福島孝徳が開発した医療機器・製品<01> 

福島孝徳は脳外科医であると同時に、エンジニアとしても高い見識を持つドクターです。福島の手によって今も医療機器の開発が行われ、製品として数多くのパテントを有しています。福島が築いてきた世界一の脳外科手技の進歩は、先端的な医療機器の開発を無くしては語れません。

今回は、現在世界中の顕微手術で使用されている脳表や細い神経血管の保護を行うシート「Takanori Fukushima Delicot®」をご紹介します。

■Takanori Fukushima Delicot®
Delicot®ニューロスポンジは、繊細な頭蓋マイクロサージェリー手術に焦点を絞った唯一の製品であり、さらに市場で最も柔軟なニューロパテです。頭蓋骨の鍵穴手術用に開発されたDelicot®は、0.33 mmの超薄型です。これにより、器具の支持および組織保護のための正確な位置決め、成形、および柔軟性が可能になりまする。 Delicot®はまた吸引による液体の最高の濾過性を示します。 Delicot®は、その乾燥重量の8.7倍を液体に吸収することができます。



https://www.americansurgical.com/products/Takanori-Fukushima-Delicot/