【情報】現在も年間600例以上の手術を行っています

私のところには、患者さんをはじめ様々な方から、毎週100通以上のEメールが届きます。最近、その中に、他の医師が「福島医師は日本にはたまにしか来ない」、「福島医師は高齢でもう手術はできない」と言っていた、という報告が複数あり、驚きました。

当然ですが、そのようなことは決してありません。私は、毎年10回以上は来日して年間の1/3は日本で活動し、365日、朝から晩まで働いています。人間ドック、がんドック、消化器ドック、循環器ドック、脳ドックを毎年受け、各専門医からも「脳と体力は40歳代」というお墨付きをもらっています。

現在も米国3病院以上、ヨーロッパ10か国、アジア諸国、日本全国で、高難易度の脳神経外科手術を年間600例以上おこなっています。特に日本においては、全国の福島孝徳関連施設14病院にて、手術・治療を行っており、そこには私が信頼をよせる熟練医が50数名もいます。

すべての患者さんに最高の結果をもたらすべく、全力を尽くしています。