「医療魂」創刊号に寄せて

医療魂 創刊号「医療魂」創刊号に寄せて

このたび、『医療魂』という素晴らしい雑誌が創刊されました。

多くの方々に末長く愛されますよう、心より応援したいと思っております。

そもそも私は、「魂」という言葉が大好きです。荒魂(あらみたま)、和魂(にぎみたま)、幸魂(さきみたま)、奇魂(くしみたま) ・・・ 日本には古くから、たくさんの魂がありました。そして昭和20年の終戦まで、大日本帝國の根本には、大和魂がありました。

ところが、戦後の日本を占領・管理するために設置されたGHQ( 連合国軍最高司令官総司令部)は、日本が二度と立ち上がれないように、非軍事化・民主化を押し進め、不平等な憲法を押し付けました。さらには、天皇を頂点とした精神的な団結力が、日本人を戦争に突き動かしたと考え、日本人の精神を改革するには神社を破壊すべきだ、という過激な意見まで飛び出しました。

この時、英語が堪能で、後に明治神宮宮司を務めた私の父が、全国の神社を代表して、皇居前にあったGHQ まで談判に赴き、こう訴えました。

「you can occupy our country however. You cannot occupy Japanese spirit.」
(たとえ領土を占領できても、日本人の精神を占領することはできない)

父は、日本人の精神(spirit)である天皇制と神社を守ったのです。

断っておきますが、私は決して、右翼的な思想の持ち主でも、国粋主義者でもありません。自分の国を愛する一人の日本人として、私たちの精神の根本を形成する魂の大切さを、改めて感じて欲しいと願っているのです。

医師になって50余年、私はすぐれた医師であり続けるために、ほぼ毎日、朝から晩まで、土日も祝日も休まず医療のために尽くしてきました。

すぐれた医師に求められるものとは何か。それは、高い医療技術であり、幅広い知識であり、絶え間ない勤勉性であり、人のために尽くす奉仕の精神です。

では、どうすればすぐれた医師になることができるのか。

それには、1に努力。2に努力。3に努力。ただひたすら、努力あるのみ。

才能があるのか、ないのかは、些細な問題でしかないのです。

 

fukushima takanori福島 孝徳カロライナ頭蓋底手術センター所長
デューク大学脳神経外科教授
東京脳神経センター病院 福島孝徳脳神経センター 最高顧問

福島孝徳