【告知】単行本 | 闘いつづける力 現役50年「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦

福島孝徳が単行本を上梓しました。

闘いつづける力
~現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦

世界一の医療水準を誇るアメリカの医療関係者から「神の手を持つ男」(The Last Hope)と称賛される脳外科医Dr.福島孝徳は、今年2018年で医師生活50年を迎えた。

現在でもアメリカ、ヨーロッパ、北欧、南米、アジア、ロシア、エジプトなど世界20カ国以上を飛びまわり、高難度手術を年間600人以上行っている。

「絶対にあきらめない、成し遂げる」という強い不屈の心、闘いつづける力はどこから来るのか——。

世界一と称賛される奇跡の技法「鍵穴手術」について、また、患者さんからの感謝の声、愛弟子たちの秘話も満載。

「私のところには“Dr.福島でなければ治せない”という難しい腫瘍や巨大脳動脈瘤などの複雑な病気の患者さんが、最後の望みをもって来てくださいます。それが私にできる手術であるなら、どんな患者さんでも受け入れます。そして、いつも患者さんに言います。“私が手術するんだから、もう大丈夫”と」 (福島孝徳)

◎脳外科に人生を捧げた私のミッション
◎75歳の今でも、その日に行った手術の復讐は怠らない
◎なぜ私が世界や日本各地を飛びまわるのか
◎私の手術を見学したい若手医師を歓迎します
◎世界一の手術師が生んだ奇跡の技法「鍵穴手術」
◎1円玉大の穴をあけ、顕微鏡で手術する
◎鍵穴手術による治療「顔面けいれん」「三叉神経痛」
◎私の後を継ぐ「次世代の脳外科医たち」の声
◎日本で福島孝徳が手術を行う病院一覧

目次

【第1章】脳外科に人生を捧げた私のミッション
【第2章】世界一の手術師が生んだ奇跡の技法「鍵穴手術」
【第3章】鍵穴手術により治療(1)顔面けいれん
【第4章】鍵穴手術により治療(2)三叉神経痛
【第5章】私の後を継ぐ次世代の脳外科たち
【第6章】患者さんからの感謝の手紙
【第7章】よくある疑問に福島孝徳が答えます

著者:福島孝徳
徳間書店

amazon