医学部生からの手紙

医学部生からの手紙1

  • 福井大学医学部医学科6年生です。この度、先生が福井県で講演会をされるというお話を知り、ぜひ拝聴させて頂きたいと思い参加させていただきました。僕が医学部に進学しようと思ったのは、中学生の頃でしたが、先生がご活躍されている姿をテレビを通して拝見し、将来このような先生になりたい、苦しんでいる患者さんを自分の手で助けてみたいと感じたのがきっかけです。ですので、医学部を目指すきっかけとなった先生のご講演を拝聴させていただけることを、大変光栄に思っております。
  • また、僕は現在志望する科としては脳外科あるいは消化器科を考えていますが、どちらを選択した場合にも誰にも負けないぐらい手術がうまくなりたいと考えております。先生の本を拝見させて頂きましたが、その中で、朝、昼、夜に患者さんを診ること、臨床医としてのスキルを磨くことという内容がとても印象的でした。来年度から研修医となる予定ですが、先生が大切にされていることを、医療の面白さ、大変さを感じながら実践していこうと考えております。
  • お忙しい中、福井県まで講演会に来てくださってありがとうございます。
ページトップに戻る

 

医学部生からの手紙2

  • 私は、福井大学医学部医学科6年生です。私も父も先生の大ファンで、テレビや本を通じて先生のご活躍する姿を拝見させていただいています。
  • 私は将来発展途上国で1人でも多くの子供や母親の命を守り、家族の気持ちに寄り添うことのできる医師になりたいと思っています。また、先生のように常に向上心を持って、新しい治療法や手術法を考え、患者さんにとっての最良の医療を提供することのできる医師になりたいと思っています。
  • 今日、先生からいただいた言葉をしっかりと胸に刻み、先生に少しでも近づけるよう日々精進してまいります。先生もお体には十分気を付けて、これからも先生の手術を待ち望んでいる患者さんのために頑張ってください。応援しています。
ページトップに戻る