脳疾患一覧

 

頸部頸動脈狭窄症(けいぶけいどうみゃくきょうさくしょう)

 

頸部頸動脈狭窄症とは

頸部の頸動脈分岐部の動脈硬化性により脳へ走行する血管(内頚動脈)が狭窄する疾患です。これにより脳内への血流量の低下をきたしたり、この部に付着していた血栓の遊離により脳梗塞を引き起こす原因となる疾患でもあります。

狭窄の程度により脳梗塞を予防するために治療が必要となります。

症候性か無症候性かという点とその狭窄度で分類します。脳梗塞やTIA(一過性虚血発作)などを生じる症候性頸部頸動脈狭窄症と、その狭窄による症状がない無症候性頸部頸動脈狭窄症とがあります。血管の狭窄度は30-49%までを軽度、50%〜69%までを中等度、70%以上を高度と分類するものが一般的です。この疾患はますます増加することが予測され今後も注目される疾患の一つだといわれています。

 

症状

頸部頸動脈狭窄症によりその狭窄部に血栓が生じて末梢の頭蓋内血管に血栓が飛んでいって血管を閉塞させた場合は、脳梗塞を発症します。

血栓の大きさと血栓で詰まった脳内の血管により症状は異なります。中には24時間以内に症状が全く消失してしまうものもみられます。これを一過性虚血発作といいますが、脳梗塞の前兆として注意が必要です。

また、塞栓(血栓)が眼の血管を閉塞させてしまうこともあります。この場合、片側の視力が高度に低下し急にものが見えなくなり時に眼の奥の痛みを訴えることもあります。これを一過性黒内障といって頸部頸動脈狭窄症には多い症状と言われています。立ちくらみ、揺れるようなめまい感などの軽い自覚症状を認める場合もあります。

 

診断

頚部3D-CTA検査もしくは頚部血管撮影にて狭窄を診断します。頚部3D-CTA検査は外来で行える検査ですが、頚部血管撮影は入院検査となります。

 

治療

薬物治療(抗血小板薬)よりも手術の方が、より次に起こる発作の予防効果があるとされています。症候性の場合はNASCET、ECSTという研究が、無症候性の場合はACAS、ACSTという研究がそれぞれ有名です。70%以上の狭窄や高度の潰瘍病変を有する場合、全身麻酔が可能でかつ5年以上の生存が見込める患者さんには手術を考慮するべきであるとされています。高齢者(75歳以上)や手術のリスクが高い人、冠動脈疾患を合併する人ではケースバイケースとなります。

頸動脈病変で最もよくやられる手術は頸動脈内膜剥離術(carotid endarterectomy,CEA)です。CEAが難しい症例は頸動脈ステント留置術(CAS)が行われます。具体的には高齢者(75歳以上)、心肺疾患、CEA後狭窄、高位病変、対側閉塞、放射線照射後などが適応とされています。