2014年6月 ヨーロッパ手術記

福島教授は全世界幅広く手術のデモと実地臨床教育を行っています。今回はイタリアのナポリ、ローマ、及びピサの3都市で難しい頭蓋底腫瘍の手術を6件行って参りました。

まず始めにナポリにあるサレルノ病院にて4cmの大きな聴神経腫瘍を全摘し顔面神経保存にも成功し、引き続きローマ、サンフィリポ病院にてバチカン公国職員の三叉神経激痛を見事に全治、そしてもう一人大きな聴神経腫瘍も全摘しました。

次にピサ市内のサンロッソーレ病院では39歳女性の副咽頭腫瘍を中頭蓋底鍵穴手術全摘、全治しました。ほぼ平行して40歳女性の聴神経腫瘍を摘出すると同時に聴力も保存しました。さらにもう一つ大きな聴神経腫瘍を全摘出し、最後はピサ大学神経内科の著名な教授の左側脳室後角、三角部の大きな髄膜種を全治しました。

イタリアでの手術件数が増えたこともあり、トスカーナ州の雑誌に福島教授が特集されました。
toscana_journal_fukushima_01toscana_journal_fukushima_02

続きを読む

カテゴリー名: 写真 |投稿日:2014年10月29日

2014 2月イタリア ピサ手術記

1月30日から2月4日までのイタリア手術に同行した。

福島先生はここ10年に渡り、イタリア全土で高い評価を受け、複雑困難な手術症例の為に各地で手術を行ってきた。2010年にはイタリアで多くの患者の命を救ったとして、手術の功績を讃えられ前ローマ法王ベネディクト14世から感謝状を頂いている。

DSC04426

近年はイタリア全土で待っている患者さん方を手術する為に、1年ほど前より年に4回ほどピサ大学関連のSan Rossore病院に定期的に赴き手術を行っている。

San rossore

今回の同行記は手術前の移動から驚かされた。

続きを読む

カテゴリー名: 写真 |投稿日:2014年3月4日

福島孝徳教授 日本手術行脚 同行記(2013年11月15日~12月5日)

2013年11月15日、大阪畷生会病院手術室で福島孝徳教授と合流した。本日帰国したにもかかわらず、福島教授には疲労や時差を感じさせる気配など微塵も感じさせなかった。むしろ母国に戻られた事が拍車をかけるのか、米国での教授より意気揚々としていた。

日本手術行脚とは約2ヶ月に1度、本拠地である米国より帰国し、約3週間程度日本に滞在する。その間、待機されている難易度の高い患者の手術のため全国各施設に往来することである。今回の予定は11月15日から12月5日のうちミーティング及び上海教育コースを除く2週間、北は北海道、南は福岡県まで患者数31名 であった(詳細は下記)。その日本手術行脚に初めて同行した。

続きを読む

カテゴリー名: 手術・症例 |投稿日:2014年1月21日

近況報告[2013年6-7月のAround the World Surgery Trip]

[2013年6-7月のAround the World Surgery Trip]

福島孝徳先生はヨーロッパ10カ国で客員教授やコンサルタントを務めています。特にイタリアでは年数回ローマ大学、ナポリサレルノ大学、ピサ大学等の関連病院で難しい脳腫瘍、頭蓋底腫瘍、脳動脈瘤などの特別な手術をデモしています。

今回は6月24、25、26日と3日間、イタリア、ピサのサンロッソーレ病院にて3人の患者さんの難しい頭蓋底腫瘍の手術を行いました。

症例1:46歳女性、看護師さん、右海綿静脈洞髄膜種3cmサイズ、右前頭側頭開頭、硬膜内外の海綿静脈洞直達手術で80%切除しました。残りの内頚動脈及び神経に絡まっている20%はサイバーナイフ照射予定です。術後全く合併症はありませんでした。

続きを読む

カテゴリー名: 手術・症例 |投稿日:2013年8月19日

福島孝徳 手術近況報告

本年5月27日から6月9日まで2週間、日本縦断手術行脚を行いました。東京、神奈川、滋賀、福岡、大阪、高知、郡山の7箇所を回って32例の主要な手術を行いました。疾患の内訳は頭蓋底髄膜種9例、三叉神経痛4例、顔面痙攣5例、聴神経腫瘍10例、動脈瘤2例、下垂体腫瘍1例、脳幹部海綿状血管腫1例となります。

特記すべき症例は5例で、1例目は35歳女性の巨大頚静脈孔神経鞘腫は全摘出し、嚥下障害を含め術後合併症も認めず、ミラクル手術でした。2例目は41歳のカテコラミン産生高血圧のglomus jugulare-tympanicumの症例で、顔面神経・内頸動脈に癒着している腫瘍を剥離し全摘出し、術後の経過は良好です。3例目もglomus jugulareの症例ですが、全摘出後、術前より完全麻痺であった顔面神経の再建のため1.7cm神経移植し再建しました。4例目はglomus tympanicumが中頭蓋窩に進展している症例でしたが、transotic approachで全摘しました。例目は顔面神経麻痺の脳腫瘍を全摘出し、顔面神経移植再建をしました。今回は非常にまれな腫瘍であるglomus腫瘍3例を全摘しました。

今回日本行脚の合間に自由が丘オカロランズで短い時間でしたがジャズライブにも参加致しました(6月1日)。心休まる一時でした。

頚静脈孔神経鞘腫(上;術前 下;術後)

MRI03

続きを読む

カテゴリー名: 手術・症例 |投稿日:2013年7月18日