【福島孝徳活動レポート】20180411

午前、東海大学医学部付属病院 脳神経外科(神奈川県伊勢原市)にて、脳室内腫瘍の手術を野中医師とともに執刀。本件は、腫瘍が急速に成長していたため、早急な手術が必要とされていた。手術は、腫瘍出血が多く、脳室の壁や視床下部に腫瘍が癒着していたため、困難であったが全摘出を果たした。

午後は、新百合ケ丘総合病院(神奈川県川崎市)にて、巨大な血管芽腫と聴神経腫瘍の聴力保存手術を執刀。特に前者の血管芽腫は脳幹延髄に付着するため、大変難しい手術であったが無事成功。

(渡邉コメント)手術の合間を縫って、新百合ヶ丘総合病院 放射線治療科 サイバーナルイフ治療部 部長 宮崎 紳一郎先生と、共著となる出版物についてミーティングをしているところです。

カテゴリー名: 福島孝徳活動レポート |投稿日:2018年4月11日