福島孝徳 脳神経外科 活動レポート 2018年09月

福島孝徳 脳神経外科 活動レポート  2018年09月

 

■9月1日(土)

朝日新聞社が主催する教育講演会に招待されました。午前の部で「医師を志す高校生のための医学部進学ガイダンス」という講演を、午後の部で、250名のお医者さんへ「日本の医師へ、良医・名医になろう」という講演を行いました。講演後、中学生や高校生からたくさんのお手紙をいただきました!ありがとうございます。大切に読ませていただきますね。
 
※参考リンク:【講演】講演レポート 闘いつづける力 ~今、君たちに伝えたいこと~
 
今日は残念ながら手術が行えませんでした。目下、日本全国で300人以上の脳腫瘍患者さんが待っているのですが・・・申し訳ありません。
ただ、久しぶりにゆっくり寝ることができました。
 
 

■9月2日(日)

朝一で鹿児島へ。霧島記念病院で難しい聴神経腫瘍と左顔面痙攣の2例の手術を行いました。
 
 

■9月3日(月)~9月4日(火)

鹿児島市内の厚地脳神経外科病院で巨大錐体斜台部髄膜腫、小脳橋角部髄膜腫、脳室内腫瘍(巨大)/Central Neurocytoma、右視床Cavernoma(海面状血管腫)の難しい4例の手術を行いました。台風21号の影響で、東京へ帰れず。
 
 

■9月5日(水)

朝一で鹿児島空港から羽田空港へ移動し、羽田空港よりタクシーで新百合ヶ丘総合病院へ。顔面痙攣と三叉神経痛の2例の手術を終え、午後に神奈川県伊勢原市の東海大学病院へ移動して、聴神経腫瘍と三叉神経痛の手術を行いました。夜遅くに東京へ。
 
 

■9月6日(木)

朝、05:30時に起床。明治神宮へ参拝し、「合併症のない全治手術」の祈願を行いました。その後、自由民主党本部でのミーティングに参加し、江戸川区西葛西の福島孝徳脳神経センターへ。セカンドオピニオンの患者さんを含め8名の外来診察を行いました。午後は、北葛西の森山記念病院で4例の手術を行いました。
 
 

■9月7日(金)

午前8時から、東京駅丸の内北口の新大手町ビルにある東京クリニックにて、全国からの患者さんを診療。午前10時過ぎの東北新幹線で福島県郡山市にある総合南東北病院へ移動し、大きな聴神経腫瘍と右動眼神経腫瘍、海綿静脈洞直達の手術を行いました。
 
 

■9月8日(土)

森山記念病院で、海外からこられた患者さんの聴神経腫瘍、両側視神経を巻き込む巨大下垂体腺腫、顔面痙攣など、4例のオペを行いました。
 
滋賀県東近江市の湖東記念病院から脳外科部長の井上卓郎先生と手術室看護師3名の研修訪問がありました。
 
 

■9月9日(日)

神奈川県相模原市橋本の晃友脳神経外科眼科病院で、聴神経腫瘍の聴力保存手術と顔面痙攣の手術の2例を行いました。
 
今日は、晃友脳神経外科眼科病院、晃友会主催の秋祭りが、病院に隣接する空き地で開催されました。盆踊り、やぐら太鼓、屋台が出て、近隣の方もたくさん参加して、賑やかです。秋祭りの花火を見て、ホテルへ帰りました。
 
夕食は時間がとれずコンビニの食事です。最近のコンビニはなかなか美味しいですね。
 
 

■9月10日(月)

朝一で大阪へ。四条畷市にある畷生会脳神経外科病院で、お医者さんの脳腫瘍、聴神経腫瘍、顔面痙攣と3例手術を行いました。
 
畷生会脳神経外科病院は、脳神経外科を中心とした総合病院です。大阪/北摂地域の基幹病院として24時間救急医療、地域医療を担っているだけでなく、人間ドック、脳ドック、検診及び脳神経外科の最新治療も行っています。脳神経外科は専門医5名が在籍し、年間300例の手術実績があります。
 
 

■9月11日(火)

朝一で、ライカ社の高性能手術用顕微鏡の開発改良会議に参加し、その後、西葛西の福島孝徳脳神経センターへ。セカンドオピニオンの患者さんを含め8名診察しました。午後は、北葛西の森山記念病院で、頭蓋内巨大中心性神経細胞腫、松果体大脳鎌テント周辺の巨大血管周皮腫(hemangiopericytoma)、及び顔面痙攣の3例の手術を行いました。
 
 

■9月12日(水)

日本ストライカー社との臨床/マーケティング会議に参加。その後、中野区江古田の総合東京病院で、巨大脳動脈瘤の頭蓋底バイパス、及び顔面痙攣、三叉神経痛の3例の手術を行いました。夕方は、顧問弁護士さんと会合を行いました。
 
 

■9月13日(木)

朝一の東海道新幹線で移動して、滋賀県東近江市の湖東記念病院へ。動脈瘤手術1例と、聴神経腫瘍手術2例の合計3例の手術を行いました。
 
 

■9月14日(金)

東京/西葛西、北葛西の森山記念病院で午後13:30時までに3例のオペを行い、その後、1時間半の車移動で神奈川県伊勢原市の東海大学病院へ。難易度の高い三叉神経痛と、錐体骨斜台部髄膜腫の手術を行いました。
 
 

■9月15日(土)

中野区江古田の総合東京病院で脳動脈瘤の手術、舌咽神経痛の神経血管減圧術、及び小児の頭蓋咽頭腫の根治的手術を行いました。この頭蓋咽頭腫は正中から右前頭葉、大脳間裂鍵穴手術で小指の頭ほどの鍵穴術野から、4×5cmの巨大腫瘍*を摘出しました。
*5cm以上を巨大サイズと定義します。
 
 

■9月16日(日)

鹿児島日帰りで、2例の脳腫瘍の手術
 
 

■9月17日(月)

今日は敬老の日です。静岡県焼津市にある志太記念脳神経外科で手術を行いました。
手術終了後、新幹線で東京まで戻り、羽田空港からのANA夜行便に搭乗。ロサンゼルス空港での乗り換えも夜行便、2晩のオーバーナイトフライトでノースカロライナ州、ローリーの自宅に帰りました。また、ノースカロライナでの手術の日々が始まります。
 
次回の日本での手術は10月7日(日)からです。手術を待っている患者さん、頑張りましょう!!
 
 

カテゴリー名: 福島孝徳 脳神経外科 活動レポート |投稿日:2018年10月1日