福島孝徳 脳神経外科 活動レポート 2018年04月

福島孝徳 脳神経外科 活動レポート 2018年04月

 

■2018年04月08日

晃友脳神経外科眼科病院(神奈川県相模原市)へ来院

晃友脳神経外科眼科病院 大橋元一郎院長とのお写真

(渡邉コメント)晃友脳神経外科眼科病院 大橋元一郎院長とのお写真です。
 
 

■2018年04月09日

畷生会脳神経外科病院(大阪府四條畷市)にて、脳室内腫瘍、聴神経腫瘍(2名)、脳室内髄膜腫、脳動脈瘤、三叉神経の6名の手術を執刀。

最終の新幹線で東京へ移動し、手術記録を付け、午前1時に就寝する。
 
 

■2018年04月10日

空港のラウンジで手術記録を付けている福島先生

(渡邉コメント)空港のラウンジで手術記録を付けている福島先生です。福島先生は、移動中の新幹線や車の中、昼食中でも何かしらの仕事を常にしています。
 
 

■2018年04月11日

午前、東海大学医学部付属病院 脳神経外科(神奈川県伊勢原市)にて、脳室内腫瘍の手術を野中医師とともに執刀。本件は、腫瘍が急速に成長していたため、早急な手術が必要とされていた。手術は、腫瘍出血が多く、脳室の壁や視床下部に腫瘍が癒着していたため、困難であったが全摘出を果たした。

午後は、新百合ケ丘総合病院(神奈川県川崎市)にて、巨大な血管芽腫と聴神経腫瘍の聴力保存手術を執刀。特に前者の血管芽腫は脳幹延髄に付着するため、大変難しい手術であったが無事成功。

(渡邉コメント)手術の合間を縫って、新百合ヶ丘総合病院 放射線治療科 サイバーナルイフ治療部 部長 宮崎 紳一郎先生と、共著となる出版物についてミーティングをしているところです。
 
 

■2018年04月12日

湖東記念病院(滋賀県東近江市)へ移動。

大学から10名の医師が見学する中、Acom動脈瘤(前交通動脈瘤)のクリッピング術、脳底動脈瘤のクリッピング術による手術を執刀。

その後、clear細胞髄膜腫の切除手術。聴覚障害、顔面神経、舌咽神経を巻き込む巨大な腫瘍だった。

東京に移動し、戻りアジアパシフィックの会合に合流、手術記録を終え就寝。
 
 

■2018年04月13日

総合東京病院にて、ハワイの病院関係者の方々とのミーティングと4名の手術を執刀ハワイの病院関係者の方々と新規プロジェクトのミーティング
(渡邉コメント)総合東京病院の会議室で、ハワイの病院関係者の方々と新規プロジェクトのミーティングをしています。
 
総合東京病院の施設をハワイの病院関係者の方々にご紹介
(渡邉コメント)総合東京病院の施設をハワイの病院関係者の方々にご紹介し、その後福島先生の手術の見学をしていただきました。
 
酒井 淳先生との共同手術
(渡邉コメント)総合東京病院 脳神経外科 科長 酒井 淳先生との共同手術の様子です。
 
 

■2018年04月14日

総合南東北病院にて、ハワイの病院関係者の方々とのミーティングと2名の手術を執刀
総合南東北病院の施設紹介も
 
 

■2018年04月15日

晃友脳神経外科眼科病院で手術、そのまま、羽田夜便でアメリカに。

カテゴリー名: 福島孝徳 脳神経外科 活動レポート |投稿日:2018年8月1日