【福島孝徳 脳神経外科 活動レポート】20181010 – 20181012

●10月11日(木)
中野区江古田の総合東京病院で、左三叉神経鞘腫の海綿静脈洞部直達手術全剔出と、大きな傍矢静洞髄膜腫の全剔手術を行いました。

●10月12日(金)
西葛西の東京(国際)脳神経センター病院(旧森山記念病院)1階の福島孝徳脳神経センターにて、セカンドオピニオン外来の患者さん12人を診療。

その後、北葛西にて、若い男性の1.8cm聴神経腫瘍手術(聴力保存)、富山県からの再々発右鞍上部及び海綿静脈洞に浸潤する下垂体腫瘍の直達全剔手術、特大の左錐体骨斜台部髄膜腫の全摘手術(下記画像参照)の3症例のメジャー手術を行いました。3例とも「Excellent」評価、合併症無しという良好な結果でした。

大きな左錐体骨斜台部髄膜腫、かぎ穴手術で全摘

大きな左錐体骨斜台部髄膜腫、かぎ穴手術で全摘

カテゴリー名: 福島孝徳活動レポート |投稿日:2018年10月12日